戦略

経営者向け

ミッション・ビジョン・バリューはつくる必要があるのか

経営者はミッション、ビジョン、バリューを本当に考える必要があるのか。その目的や使い方、作り方など、経営者がどのように向き合い、どのように考えたらいいのかについて動画で話しました。
経営者向け

経営をする上で見るべき3つの軸と3つの思い

日頃から経営者の方から話を聞いたり、書籍を読んだりしていると、素晴らしい業績を出している経営者には、いくつかの共通するポイントがあることに気づきました。そのポイントを「3つの軸」と「3つの思い」にまとめてシェアします。
経営者向け

会社を経営して見えてくる6つの課題

会社を経営して見えてきた6つの課題があります。一つ一つが思い課題で、経営として取り組んでいくべき大事なものばかり。
経営者向け

チーム・組織が今以上にパフォーマンスを発揮するための3つのポイント

経営者が「チームや組織で今まで以上にパフォーマンスを発揮して成果を出すには、どうしたらいいか?」と考える時に押さえるべき3つのポイント
経営者向け

【メルマガ・第24号】【弱者の戦略】勝てる土俵で勝負する

自分の会社が市場で勝つことができないのであれば、自らが動いて「勝てる土俵」を創り出し、そこで勝負するのが良い戦略です。経営、戦略のレベルで「勝てる土俵」を創り出すにはどうしたらいいか。
経営者向け

CEOが会社の方向性を語らないと起きる3つの壁

会社の方向性についてCEOがメッセージを発信しないと組織に起きてしまう3つの壁があります。創業初期は事業を立ち上げて成長させることに注力しますが、徐々に事業が立ち上がり、人が増えてきた段階で「会社の方向性」に関するメッセージをCEOが出していかないと、ある時点で経営者は次の2つの究極の選択に迫られることになります。
経営者向け

【今だからこそ経営としてできる5つのこと】これから2、3年先に見える世界

4月8日付でコロナウィルスの感染に伴う緊急事態宣言が政府から出ました。 これに合わせて企業でも在宅勤務に切り替えるところも増えてきました。 日々のニュースがSNSでの投稿などを見ていると未来に対する不透明感や悲壮感がいっぱいの文字をたくさ...
経営者向け

未来を信じてもらうための人事戦略

私は常々「人事は人の人生の水先案内人である」と考えています。水先案内人から暗く険しい未来の話をされるのと、明るく希望が持てる未来の話をされるのと、どちらが役割を果たしているのか考えたら、結論はすぐに出ることでしょう。誰になんと言われようとも、大いに未来を語りましょう。その情熱に心を動かされる仲間が少しずつ増えてきたら、未来が信じてもらえる組織づくりに繋がっていくことでしょう。
Scroll Up
タイトルとURLをコピーしました