橋本祐造|Yuzo Hashimoto

CHRO

人事評価は会社の鏡

会社に人事評価があるなら、やり方ではなく、裏側にある思想を見てみる。減点主義。現場の変化に対応できていない。属人的な結果。会社の「人に対する姿勢」が表れている。仮に改訂されたとしてもそもそもの思想が違っていたら、同じようなものが出来上がる。
経営者向け

組織の●人の壁はなぜ起きるのか?

事業が成長し、組織が拡大すると、起きるのが「人数の壁」。経営がどう捉え、どう準備・対処し、どう乗り越えるのか。問題を見落としたり、対応が遅れると、取り返しのつかない状態になるかもしれません。何を捉え、どう対処したらいいのかを考えました。
経営者向け

ミッション・ビジョン・バリューはつくる必要があるのか

経営者はミッション、ビジョン、バリューを本当に考える必要があるのか。その目的や使い方、作り方など、経営者がどのように向き合い、どのように考えたらいいのかについて動画で話しました。
経営者向け

社員エンゲージメントが高い会社に共通するキーワード

この会社の人と話すと、みんな優秀で、雰囲気もいい。仲間が協力的。業績も右肩上がりで、ファンが多い。 そういう会社、見たことありますよね。経営、現場に話を聞くと、共通するキーワードがありました。 それは・・・「一貫性」です。
経営者向け

経営をする上で見るべき3つの軸と3つの思い

日頃から経営者の方から話を聞いたり、書籍を読んだりしていると、素晴らしい業績を出している経営者には、いくつかの共通するポイントがあることに気づきました。そのポイントを「3つの軸」と「3つの思い」にまとめてシェアします。
経営者向け

会社を経営して見えてくる6つの課題

会社を経営して見えてきた6つの課題があります。一つ一つが思い課題で、経営として取り組んでいくべき大事なものばかり。
経営者向け

チーム・組織が今以上にパフォーマンスを発揮するための3つのポイント

経営者が「チームや組織で今まで以上にパフォーマンスを発揮して成果を出すには、どうしたらいいか?」と考える時に押さえるべき3つのポイント
経営者向け

【メルマガ・第24号】【弱者の戦略】勝てる土俵で勝負する

自分の会社が市場で勝つことができないのであれば、自らが動いて「勝てる土俵」を創り出し、そこで勝負するのが良い戦略です。経営、戦略のレベルで「勝てる土俵」を創り出すにはどうしたらいいか。
CHRO

人事評価の5つのワナ

人事評価の捉え方、考え方を間違ってしまうと、なかなか上手く機能しなくなってしまいます。今回は「人事評価の5つのワナ」というポイントに絞ってお伝えします。
経営者向け

経営者が自分の仕事を「権限委譲」してできた時間で何をしたらいいのか

経営者が経営の仕事に集中するために必要なのが「権限委譲」。これをうまく実現するにはどんなことが必要なのか。「権限委譲」によってできた時間で何をしたらいいのか。
新卒採用

【伝えるべきは事実よりも考え方】企業が採用力を高めたいなら採用広報を考える

企業が人を採用したいと思った時、これから人を増やしたいと思った時にどういったことを外部に対して発信し、考えていったらいいのか
経営者向け

【ストーリーの持つ力はあなたの想像を超える】CEOに求められる伝える力とは

経営者に特に求められる力の一つとして、人の心を掴む話をしていく時に「ストーリーが持つ力」には凄く大きなものがある、という話をします。
経営者向け

企業理念の柱は経営者の原体験からやってくる

企業理念の「軸」「柱」になる部分は経営者の原体験からやってくる。私も経営を通じて、もしくは様々な会社のコーポレートアイデンティティや、ミッション・ビジョン・バリュー、自分たちが大事にしなくてはいけない独自の価値観(コアバリュー)を一緒につくる中で、経営者の原体験が「自分たちらしさ」「会社らしさ」に繋がっていく
経営者向け

企業の課題のほとんどは経営者の固定観念にある

経営者が持っている固定観念が強ければ強いほど、企業の成長や進化が止まってしまいます。
経営者向け

これからの時代を生き残るための人事戦略

コロナウイルスの影響で会社、経営に様々な影響が出ているかと思います。そんな中で経営者がどういったところの視点を見て、いつまでにどのような人事戦略を打っていけばいいのか、というところの話をします。
Scroll Up
タイトルとURLをコピーしました