経営をする上で見るべき3つの軸と3つの思い

経営者向け

日頃から経営者の方から話を聞いたり、書籍を読んだりしていると、素晴らしい業績を出している経営者には、いくつかの共通するポイントがあることに気づきました。

そのポイントを「3つの軸」と「3つの思い」にまとめてシェアします。

No Title

【経営をする上で見るべき3つの軸と3つの思い】日頃から経営者の方から話を聞いたり、書籍を読んだりしていると、素晴らしい業績を出している経営者には、いくつかの共通するポイントがあることに気づきました。そのポイントを「3つの軸」と「3つの思い」にまとめてシェアします。

【経営者が見るべき3つの軸】①事業

一つ目は経営で外すことは許されない「事業の軸」です。

事業が構想通りに構築されているか。戦略通りに事業が進捗しているか。

現場の感想を聞いたり、お客様の声を聞いたり、生データを見ながら、状況を常に確認しておきます。

【経営者が見るべき3つの軸】②人と組織

経営で張ろうとせずに部署に任せる場合が多い。

人・組織の可能性を最大に発揮できる状態にするには、経営から「ありたい姿」「解決したい社会課題」を見据えた上で、個人の成長機会を創り、組織力を底上げしていく必要があります。

【経営者が見るべき3つの軸】③資金確保

事業、人と組織の軸を支える「お金の軸」。

必要な資金がないと「お金がないから仕方ない」と言うようになる。

新しい挑戦への行動の阻害要因になるし、「提案してもどうせできない」というように思考も制限されるのでイノベーションが起きづらい状態にもなる。

【3つの軸を強力にサポートする3つの思い】①ミッション・ビジョン・バリュー

3つの大事な質問

「自分たちは何者なのか?」
「どこに行きたいのか?」
「どうありたいのか」

こうした質問に対する自分たちなりの答え(哲学)が、どんな事業をやるのか、どんな仲間と、どんな仕組みでやるのかが決まってきます。

【3つの軸を強力にサポートする3つの思い】②世界観

この世に存在することで、どんな風にインパクトを与えて、変えていきたいのか。

人生で解決したい社会課題があり、解決できた時にどんな世界が広がっているのかをまとめると、意思決定の時にそれが妥当なのかどうかが判断できるようになります。

【3つの軸を強力にサポートする3つの思い】③人の可能性を最大に発揮できる状態にする

会社も組織もチームも、ベースの部分で人の可能性を最大に発揮できる状態でないと、ルールや仕組みを作っても、血の通っていない組織やチームが増えるだけです。

仲間同士の理解度を高める必要があります。

理解度を高めるための質問

・一人一人のこれまでの人生を知る
・どんな風に人生を歩んでいきたいと思っているのか
・好きな仕事/嫌いな仕事
・趣味や特技
・どんな上司だと可能性を最大に発揮できるか

お互いの関係性も深まり、自然と組織・チームで成果を出せるようになります。

Scroll Up
タイトルとURLをコピーしました